JPEG-XS Encode/Decode Apps

RIEDELJPEG-XSエンコード/デコードアプリ群は、MuoN SFPまたはFusioNボックスで使用することができます。これは、狭い帯域幅のネットワーク上で映像素材をやりとりする必要があるリモートプロダクションや、限られたネットワーク環境での局内信号分配などのシチュエーションで威力を発揮するソリューションです。 

対応しているISO/IEC 21122-3規格では、4:1 - 12:1 までの圧縮率に対応し、超低遅延エンコーディング/デコーディングとビジュアリーロスレス(1/8まで)の画質を特徴としています。ウェーブレット・イントラフレーム技術に基づくこのアルゴリズムは、わずか数十ラインで一定のビットレートで映像をエンコード/デコードできるため、大容量なUHD映像でも非常に効率的に運用する事ができます。また、"High Profile "実装を使用する他のJPEG-XS製品との互換性もございます。

JPEG-XS

特徴:

  • エンコード2chもしくはデコード2ch
  • ビットレート: 50~2000Mbpsまで選択可
  • ST2110-22対応
  • YUV - 4:2:2 - 10ビット
  • HD、3G、UHDの各フォーマットに対応
  • 処理遅延: エンコード時12line, デコード時11line
  • ST2022-7 クラスA
  • 他のJPEG-XS CODECと相互運用が可能
  • 対応外部制御プロトコル: RESTful API, Ember+, NMOS(Ember+かNMOSはアプリで選択)

利点:

  • 低帯域のMPLSネットワークを通じて、画質やライブ運用への悪影響を抑えてUHD/3G/HD信号のやり取りを可能に
  • 高密度・軽量・省電力

Downloads

56 KB | 13. Oct. 2020 |

444 KB | 02. Jun. 2020 |

15 MB | 22. Apr. 2022 |

16 MB | 09. Sep. 2022 |