VENUE GATEWAY

RiedelVenue Gatewayは、放送制作インフラと遠隔地の会場の橋渡しをする、低遅延、双方向、多チャンネルかつマルチフォーマット対応のコントリビューション装置です。映像、音声、コメンタリー、インカム、タリーなどの信号を集約して伝送します。

多くのIPフォーマットとSDI接続をサポートするVenue Gatewayは、コントリビューションフィード配信のための優れた俊敏性を提供します。ウェブ管理インターフェイスは設定を一元化し、簡素化するように設計されています。H.264H.265などのコーデックフォーマットに対応したこのゲートウェイソリューションは、ソフトウェア定義の低遅延エンコーディングとデコーディングを最高の放送品質で8つの双方向チャンネルに提供します。

低遅延のマルチビューアーを内蔵しているため、遠隔地や現場のエンジニアはあらゆるソースをリアルタイムで確認したり、事前に読み込んでおいたコンテンツを用いてネットワークインフラをテストすることが可能です。

Venue Gatewayは、ViBoxプラットフォームに送信されるダイレクトIPソースとシームレスな統合を実現します。また、Netinsight Nimbra EdgeZixi BroadcasterTechex MWedgeなどのトランスポートセキュリティや冗長性に特化したソリューションとの統合も可能です。
 
ユーザーに柔軟性と信頼性を提供するために設計されたVenue Gatewayは、現代のリモートプロダクションのあらゆる要件に対応する完全なソリューションといえるでしょう。

ハードウェア&ソフトウェア

Venue Gateway

  • リモートプロダクションに適した8ch双方向エンコーダー/デコーダー
  • 内蔵の低遅延マルチビューアーにより、遠隔地や現場でのモニタリングが可能
  • エンコードソースからデコードソースへの内的な音声ルーティング(エンベデッド、NDI®AES67Dante®
  • TSL-5またはGPI/Oを介してカメラオペレーター用のリモートプロダクション・ミキサーからのタリーを受信

メリット

  • 低遅延かつ高品質な信号で複数フォーマットのコーデックに対応しているため、簡単かつ柔軟に導入可能
  • 映像、音声、コメンタリー、インカム、タリーを提供する伝送ソリューションに不可欠な要件を集約