IP Infrastructure & Processing

Starring: VirtU and MuoN products

VirtUフレームとMuoN SFPの強力な相互作用はTV制作が直面する課題に取り組みます。1つは様々な信号タイプやフォーマット、フレーム・レート、タイミング、色空間、解像度を扱うことで、もう1が明らかに限られているラック・スペースです。RIEDELVirtU 32オールIPコア・インフラストラクチャー&プロセシング・プラットフォームは、わずか1RUでソフトウェアデファインドMuoN SFP IPプロセッサーの極めて高密度のアレイを提供します。このプラットフォームは信号処理ならびにミッションクリティカルでHDから最大UHD IPプロダクション環境向けのSDIIP変換に対応するように設計されており、ニーズの拡大に応じて主要な高度な処理能力をモジュール式に構築することができます。

主な利点:

  • コアインフラストラクチャーでの仮想化サービス
  • ソフトウェアデファインドSFP。いつでも、どんなプロセスでも
  • 障害ブロックが非常に小さいミッションクリティカルなプラットフォーム
  • 極めて高い密度
  • 映像フォーマット変換、音声ルーティングの相互運用性、クリーンなスイッチング、色順応のためのソリューション
  • 簡単なリモート・プロダクションを実現
  • NANDEmber+RESTfulによる簡単な制御

Core IP

VirtU 32 applications:

Processing

Processing

IPシステムのコア要素としてVirtU8つのプロセシング・クラスターを提供し、それぞれに4つのMuoNソフトウェアデファインドSFPを装備するように設計されています。4つのモジュールはリダンダント・アグリゲーションリンクから任意のメディアフローにアクセスできます。

MuoN SFPSDI I/O装備のゲートウェイとして、または純粋なIPIPプロセシング・デバイスとして使用できます。これらは10GEまたは25GEのホストレートで実行でき、40GEまたは100GEのトランシーバーレートを決定します。

Multiviewer

Multiviewer

RIEDELMuoNSFPマルチビューワー1つの画面に最大16個のPiPを提供します。フォームファクターが小さいため、512×32マルチビューワー・システムを作成する1RUで十分です。この製品は高品質のビデオレンダリング、タリー、ラベルを備えたレイアウト選択肢を提供し、プロダクション系の用途に適した機能セットを備えています。タリー信号割り当てレイアウトは、NMOSEmber+、またはRESTful APIを介して簡単に制御できます。さらに、このソリューションは立ち入り禁止域内のスペースと電力に関するお客様の懸念を解決します。

Audio Routing

Audio

一般的なIPシステムでは様々なベンダーのデバイスが多様な音声マッピング戦略を実装しています。この相互運用性の問題はMuoNSFP IP2048スクエアオーディオルーターで簡単に対処できます。この音声ルーターは最大64ST2110-30/31音声フローを送受信します。各フローには32まで音声チャンネルがあります。このプラグイン可能なデバイスは音声チャンネルを再マッピングして、デスティネーション・デバイス適切適応するための高度な柔軟性を提供します。

Encode and Decode (compression)

Encode

信号圧縮は低帯域幅の接続を介してリモートサイト間でフィードを交換するための重要な手段です。JPEG-2000またはJPEG-XSエンコード/デコードアプリをMuoNSFPにインストールして極めて高密度で費用効果の高いソリューションを実現できます。SDI I/Oにエンコード/デコードを提供する一方で、このプロセッサST2110への再エンキャップも可能にします。このソリューションはIPTV監視システム信号の収集、リモートプロダクション用途に最適です。

Up/Down/Cross Conversion

Conversion

RIEDEL MuoNSFP ST2110 IPアップ/ダウン/クロスコンバーターアプリはHD/3G/UHDコンテンツ間で高品質の変換を可能にします。この製品は入力フィード信号の正規化に用いたり、施設内の監視を容易にするためにUHD信号のダウンコンバートバージョンを提供したりするに使用できます。UDCはマルチタップファインフィルタリングエンジンを用いて本来の状態の画質のスケーリングとデインターレーシングを提供します。

Downloads

15 MB | 22. Apr. 2022 |

16 MB | 09. Sep. 2022 |