1200 SERIES SMARTPANELS

RIEDELの次世代SmartPanelは多機能ユーザー・インターフェイスに新しい視点を開きます。

RIEDELのアプリ駆動型ユーザー・インターフェイスSmartPanelを強化する技術に基づいて構築された新しい1200シリーズSmartPanelは、ワークフローの柔軟性、パワー、接続性において飛躍的な進歩を遂げています。複数のフルカラー・マルチタッチ・スクリーン・ディスプレイ、革新的なハイブリッド・レバーキー、アプリを活用して多機能性を実現する機能、現在使用されている様々なワークフローに簡単に適応できる機能を備えたこの新パネルは、新しいワークフローの可能性をいつでも拓きながら、使う人が自分のやり方で作業できるように準備されています。

まったく新しい1200シリーズSmartPanelは、RIEDELのこれまでで最もスマートなパネルです。SmartPanelのコンセプトは、パネルの機能をハードウェアから切り離し、ユーザーが様々なアプリをインストールして多様な機能を有効にできる汎用デバイスに変えます。RIEDELSmartPanelならば、現在のパネルの機能だけでなく、将来のパネルの機能も手に入れることができます

Hardware

RSP-1232HL

  • 「スマートパネル」として、インカム以外の機能もアプリで追加可能
  • RIEDEL独自のハイブリッドレバーキーを全32個のキーに搭載
  • 高解像度タッチスクリーンディスプレイとRGB LEDリングで視認性を向上
  • 様々なワーク・フローをサポート(「Talk/ListenTalk/Mute」)
  • SMPTE-2110-30&31 (AES67)
  • NMOS IS-04 & IS-05 に対応
  • SMPTE 2022-7(シームレスリダンダンシー)に対応
  • ステレオフルレンジ・スピーカー

RSP-1216HL

  • 「スマートパネル」として、インカム以外の機能もアプリで追加可能
  • RIEDEL独自のハイブリッドレバーキーを全16個のキーに搭載
  • 高解像度タッチスクリーンディスプレイとRGB LEDリングで視認性を向上
  • 様々なワーク・フローをサポート(「Talk/ListenTalk/Mute」)
  • SMPTE-2110-30&31 (AES67)
  • NMOS IS-04 & IS-05 に対応
  • SMPTE 2022-7(シームレスリダンダンシー)に対応
  • フルレンジ・スピーカーステレオフルレンジ・スピーカー

ESP-1216HL

  • RSP-1232HLまたはRSP-1216HL用エクスパンション・スマートパネル
  • RIEDEL独自のハイブリッドレバーキーを全16個のキーに搭載
  • 高解像度タッチスクリーンディスプレイとRGB LEDリングで視認性を向上
  • ESP-1216HLをインターカムとして使用しながら、RSP上で他のアプリを操作可能
  • ESP-1216HLは最大6台までカスケード接続が可能

Audio Monitoring App Overview

Apps

Intercom App

1200シリーズのIntercomアプリは複数のワークフローをサポートしています。インターカムのユーザーによっては最初は無音のパネルから何を聞くかを自分で選ぶ「Talk/Listen」ワークフローを好みます。一方、すべてを伝えるパネルから始めてオフにする信号を自分で選ぶ「Talk/Mute」ワークフローを好むユーザーもいます。ユーザーはパネル毎に好みのモードを決定できます。パネルの使い易さをさらに向上させる新機能にRIEDELの新たな「ロジカル・グループ」の考え方があります。「ロジカル・グループ」を使うとユーザーはキー・ラベルまたはキーの周りのLEDリングのカスタム・カラーを選択できます。各キー・ラベルには8文字のメイン・ラベルと16文字のサブ・ラベル、ユーザー定義のアイコンがあります。他のアイコンは任意の時点での各キーの状態に関する情報を提供します。「マイクを開く」「キーをミュートする」「ビープ音を鳴らす」「ポート使用中」の各プロンプトは見易くて一目でわかります。ユーザーは特定のキーに関する情報を必要なだけ取得できます。

Control Panel App

Control Panelアプリによるワークフロー制御

Control Panelアプリを使うと、サードパーティ制御、監視、自動化システムを、SmartPanelの使い易く直感的なユーザー・インターフェイスに適合させることができます。その機能セットは驚くほどシンプルですが、信じられないほど強力です。ユーザーは、パネルのキーやロータリー、LED、ディスプレイを使ってサードパーティ・システムで動作をトリガーし、ディスプレイとLEDの色、ラベル、アイコンを介して設定状態と変更に関する視覚的なフィードバックを得ることができます。Control Panelアプリは相互運用性と拡張性を高めるためのオープンなNMOS規格に基づいて構築されています。これの鍵となっているのが、様々なベンダーのシステム間でイベント/ステータス情報(ボタンの押下やLEDの色等)の交換を可能にするNMOS IS-07規格です。

主な利点

  • オープンなNMOS規格準拠。独自プロトコルのサポートは不要
  • 複数のサードパーティ・ベンダーがCPAをサポート
  • 複数のサードパーティ・システムに同時接続
  • レバーキー、ロータリー・エンコーダー、ディスプレイ、LEDのサードパーティ制御
  • 独自ワークフローをカスタマイズする無限の可能性
  • アプリはスタンドアローンもしくはSmartPanel上の他のアプリと並行して動作
  • ハードウェアを効率的に使用し、ラックスペースを1〜2RU節約

お近くの販売代理店またはsystemconsulting(at)RIEDEL.netにお問い合わせください。

なぜNMOSなのか?

ディスカバリー(検出)、コネクション(接続)、コントロール(制御)にはControl PanelアプリのAPIとしてAMWA-NMOS規格を使用します。

  • NMOS IS-04:Discover──ネットワーク内で利用可能なソースを検出Discover)します(例:「レバーキー#1」)
  • NMOS IS-05:Connect──ソースをデスティネーションに接続Connect)します(例:「レバーキー#1が「入力制御」に接続される)
  • NMOS IS-07:Event & Tally──状態と状態変更情報を送信します(例:「レバーキー#1」が押された→入力制御を「入力A」から「入力B」に変更)

NMOSをサポートする各サードパーティ・デバイスはControl Panelアプリをネイティブに使用できるようになります。それは放送制御システムや自動化システム、制御システム、スケジューリング・システム、監視システム、さらには独自のNMOSアプリケーションのいずれでも構いません。

オープンなNMOS規格により、CPAは同時に複数の制御システムに接続できます。

Supported Vendors

RIEDELでは以下の業界パートナーと協力してControl Panelアプリをサポートし、パートナーの製品に統合しました。RIEDELのControl Panelアプリをシステムに統合したい他のベンダーを喜んでご支援します。

実装するワークフローについては、これらのベンダーに直接お問い合わせください。

Audio Monitoring App (AMA)

  • 最大16hcのステレオ/モノラルのIPベース・ストリームをモニタリング
  • インターカムとコントロールアプリとの同時使用が可能
  • NMOSまたはSDPファイル経由で、ネットワーク上のあらゆるSMPTE 2110-30 (AES67)ストリームに直接接続可能
  • あらかじめ設定された256のオーディオ・モニタリング・ソースをパネル上で直接管理可能
  • SMPTE-2110-30&31 (AES67)をサポート
  • NMOS IS-04 & IS-05 & IS-08の接続管理とチャンネルマッピングに対応
  • SMPTE 2022-7対応(シームレスな冗長性)
  • 統合APIまたはRIEDELのAMA Config Toolによるコンフィギュレーション(パネル10台まで)

 

Downloads

1 MB | 15. Sep. 2023 |

18 MB | 15. Sep. 2023 |

1 MB | 30. Oct. 2023 |